のんとこっさん

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」の2種類の手術の方法がしきりに使用されています。
BMI(体重指数を求める式はどの国も同じですが、値の評価基準は国ごとにそれぞれ異なり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準、25以上だと肥満、18.5未満は低体重と決定しています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間でクッションみたいな役割をする椎間板(ついかんばん)という名前の柔らかくて円い形をした組織が飛び出した状態の事を称しているのです。
学校や幼稚園などの団体生活をしている中で、花粉症が要因で他のみんなと同じようにしてめいっぱい走り回ることができないのは、子どもにとってさみしいことです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番多い中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。強烈な耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのさまざまな症状が出るのです。
環状紅斑とは環状、つまりは輪っかのような円い形をした赤い色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総称ですが、その素因は全くもって多種多彩だといえるでしょう。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑制する、十分食事を食べない、といった生活のスタイルが結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを招いていることは、何度も問題視されていることです。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる働きが一際認知されてはいますが、その他に美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが確認されています。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、成人に比べると体の小さな子どものほうが広まった放射能の有害なダメージをよく受容することが見て取れます。
肥満(obesity)の状態というのは当たり前のことながら食生活の質や運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらない食事であったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をすることによって体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
道路事故や建築現場での転落事故など、非常に強い外力が身体にかかった場合は、複数の位置に骨折がもたらされたり、開放骨折になってしまったり、ひいては内臓が損傷してしまうこともままあります。
陰金田虫(いんきんたむし)は比較的若い男性に多く、ほとんどのケースでは股間の周囲だけに広がり、激しく運動したり、お風呂から上がった後など体が熱くなった時に強い痒みを招きます。
今、若い世代で結核菌に抗える免疫力(抵抗力)を保有しない人々の割合が高いことや、早合点のために受診が遅れることなどに縁る集団院内感染が増えているようです。
汗疱というのは手の平や足の裏、指と指の隙間などに細かな水疱がみられる皮膚病で、一般には汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると足水虫と混同されることもあります。
様々な花粉症の緒症状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足となり、次の日起きてからの業務の遂行にダメージを与えるかもしれないのです。